アスベストは除去しよう~専門業者に依頼する専門工事の数々~

舗装工事の管理

重機

工事に使用する機械の種類

舗装工事に使用する機械は沢山の種類があります。重機などの大型の物から測量に使う小型の機械、またシャベルなどの小道具といった具合に様々です。その中でも舗装工事に使用される大型の機械は代表的なものがいくつかあります。まずはダンプカーでしょう。これはしっかりした路盤を作るために砂利を運んでくるのに使用したり、アスファルトの運搬にも使用されます。いちばん使用頻度は高いといえます。また、ホイールローダーも必要不可欠です。この機械はダンプに積まれた砂利やアスファルトをすくい上げて、地面に下ろすときに使用します。舗装工事の最後の仕上げに使用するのはローラーと言われる機械です。これは撒かれたアスファルトの上を踏み固めるためのものです。

工事の品質管理とメリット

舗装工事の世界も、昨今は品質の良いものを作ろうとする傾向があり、お客様の満足を得るために高品質の物を提供する動きがあります。そのためには、大手企業を中心として徹底的に品質管理をしている会社が主流となってきています。舗装工事における品質管理に路面の温度を測ることがあります。アスファルトは作ったばかりの状態では温度が高く、まだしっかりと固まった状態ではありません。一定時間、待ったり、水をまいて温度を下げたりして頑強な路面が仕上がるのです。この作業を怠ると、強度が低い道路が出来たり、すぐに穴が開いたり、お客様からクレームを出される品質の悪い道路になるのです。また、ダンプなどを路面走行させて目視で道路の状況を確認することもあります。

Copyright© 2015 アスベストは除去しよう~専門業者に依頼する専門工事の数々~All Rights Reserved.